コース名
 エントリーレベル2 実務トレーニング
 
 コース概要
 本コースではテスト実行の工程全体を通して、テスト実行とテスト実行の管理ができる技術者の育成を目標としています。これらには、レベル1の「スキル」「知識」に加え、「テスト実行の管理(「リソース」「工程」「目標」「要員」「リスク」「テスト実行の品質」)などと、実務に必要なコミュニケーションの能力やソフトウェアテストの用語理解も含みます。
 
 コース時間
 2日間  1日目 9:00〜18:30 (トレーニング 7時間)
      2日目 9:00〜19:00 (トレーニング 8時間)
 
 開催場所
 弊社 セミナールーム
 
 受講料
 62,000円
 
 対象者
 ・ソフトウェアテスト、品質管理を行なう方
 ・テスト実行担当者
 
 前提条件
 -
 
 内容
1.テスト実行計画 テスト計画に基づいて設計されたテスト仕様とテストケースを用いて、実施するテスト実行の計画を立案する方法を習得します。
2.テスト環境準備 テスト実行に必要な環境の調達および設定を実施して、テスト実行で利用可能な状態まで準備するポイントを習得します。
3.テストケース準備 テストケースおよびテストツールをテスト実行計画に従い準備するポイントを習得します。
4.テスト実行 計画されたテストケースの実行やチェックリストで確認を行い、期待値に対しての合否判定を行うテスト実行のポイントを習得します。
5.テスト実行記録 テスト実行の結果(合否結果、出力のテストエビデンス)やステータスおよび実行データを適切な管理シートに記録するポイントを習得します。
6.不具合報告 テスト手順書や仕様書などの期待値と異なる事象を検出し、リファレンスや仕様を確認した結果、不具合と認識された事象の報告と適切に修正されたことを不具合のステータスで管理するポイントを習得します。
7.テスト実行報告 テスト実行工程の結果をリレーショナルにまとめ、工程内の事象に関係する情報をトレース(追跡)できるように報告書にまとめるポイントを習得します。
8.プロジェクト管理 テスト実行の工程全般でのプロジェクト管理のポイントを習得します。

home | 環境方針| 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | 品質方針 | 労働者派遣法に基づく情報公開 | このサイトについて | サイトマップ