コース名
 ミドルレベル4 実務トレーニング(ミドルレベル3資格保有者対象)
 
 コース概要
 本コースでは、テスト計画やテストの要求からテストのアプローチやテストの目的に合ったテスト設計ができる技術者の育成を目標としています。テストカバレッジ設計や組み合わされるコンディション、コンフィギュレーション、テスト対象のトレーサビリティなどを習得します。
 
 コース時間
 1日間 9:00〜18:50 (トレーニング 8時間)
 
 開催場所
 弊社 セミナールーム
 
 受講料
 48,000円
 
 対象者
 ・テスト設計者
 
 前提条件
 ミドルレベル3の知識および実務試験に合格し、IT技術者認定を受けた方
 
 内容
1.仕様の把握 テスト対象の仕様を把握するポイントを習得します。
2.仕様管理
(トレーサビリティ)
仕様変更に対する整合性やテストカバレッジを確保するポイントを習得します。
3.網羅性設計-@
(テスト要素抽出)
テスト対象の機能から確認すべきテスト要素を抽出するポイントを習得します。
4.網羅性設計-A
(テスト変数抽出)
テスト要素に関係する条件と環境などの入力情報を抽出するポイントを習得します。
5.テストケース設計-@
(基本フロー)
テスト要素と条件/環境を組み合わせて最小単位でテストケースを作成するフローを習得します。
6.テストケース設計-A
(組み合わせ)
テスト要素と条件/環境を組み合わせて複合条件でテストケースを作成するフローを習得します。
7.テストケース設計-B
(期待値設計)
期待値設計のポイントを習得します。
8.モニタ設計 期待値を確認するためのモニタ設計を習得します。
9.テスト環境設計 テスト設計を反映したテスト環境設計のポイントを習得します。
10.テストの種類 機能テスト以外の代表的なテストの種類を習得します。
11.プロジェクト管理 テスト設計の工程全般でのプロジェクト管理を習得します。

home | 環境方針| 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | 品質方針 | 労働者派遣法に基づく情報公開 | このサイトについて | サイトマップ